歯列矯正なら子供のうちに矯正歯科で早期改善を!

歯列矯正は歯の並びを綺麗にする審美目的の治療になります。
審美目的とした治療ですので治療費は公的な保険の適用外となり、かかる治療費は自己負担になります。
歯列矯正は矯正歯科を行う歯科医院で行います。
歯列矯正は大人になってから行う人もいますが、最適なのは永久歯に生え変わった後の子供の時期に行うのがベストです。

歯列矯正は歯の並びを綺麗にする治療の効果は単に歯が綺麗になるだけではありません。
歯の並びがよくなることで上下の歯の噛み合わせがよくなります。
上下の歯の噛み合わせがよくなると顎の力がしっかりと歯に伝わり、咀嚼する力がアップします。
咀嚼することがアップすると、食べ物をしっかり食べることができますし、食べ物を噛み切ることができると胃への負担が少なくなります。
胃、腸への負担が減ることで栄養をしっかり取ることができるようになります。
また、成長期に栄養がしっかりとれることは子供にとってとても大切なことです。
経口補給がしっかりできるようになるのはとても重要ですが、成長は栄養だけではありません。
体の骨格形成にも矯正歯科は影響があります。
また、上下の歯の噛み合わせがよくなることで歯と歯の間にごみがたまりにくくなり虫歯になりにくいのです。

歯の咀嚼力アップは左右の奥歯が正しく上下に伝わることになります。
左右の力のバランスが取れていることは左右の肩、腰にバランスよく咀嚼した力が伝わります。
これは体が左右バランスよく成長することになります。
腰、肩の左右のバランスが崩れると偏頭痛はもちろんですが、肩こり、腰痛の発症につながります。
若い時ですと筋肉がある分、ある程度のバランスの崩れはカバーできますが、長期間続くと、肩こり、偏頭痛、腰痛などが若い時から発症するでしょう。

歯列矯正は単に歯の並びを綺麗にするだけではありません。
歯の力の伝わり方から体全体の成長にまで影響します。
体がある程度発育した大人になっても効果はありますが、発育過程で行うのが大人になってから行うよりより大きな効果が得られることができます。
また、歯の噛む力は顎のラインが切れになり顔立ちも綺麗になる傾向にあります。

歯列矯正は審美歯科目的の治療ですが、その効果は歯だけではありません。
体全体にいろんな効果が期待できます。
ちょっとお金がかかりますが、子供の時に早期治療をすることで治療効果は大人になってからも期待できます。
学生が就職活動する前に行う人もいますが、早期治療をすることをお勧めします。