歯周病の防ぎ方を予防歯科で学ぼう!

歯周病などの歯の疾患は定期的な歯科医療機関での受診である程度は予防可能です。
虫歯などで受診し治療を終えた後に定期的に受診を促す歯医者がありますが、これは定期的な通院によって歯の健康の状態をチェックし、病気の早期発見と予防及び治療に繋げていくための行為になります。

昔とは違って今日の歯医者では予防歯科に重点を置くようになっています。
これは歯石や歯垢の除去を通じて健康な歯を維持していくことと同時に将来虫歯などになることを防ぐことにも役立ちます。
さらには歯の根元の歯ぐきの状態チェックにより歯周病などの危険性の可能性も確認するものです。

こうした予防歯科では歯磨きの方法なども合わせて行うことがあります。
これをブラッシング指導と呼んでいますが患者側が磨いているのをチェックするというよりは歯科衛生士などのスタッフで、患者の口腔内において実際に歯磨きを行うことで磨き方を身に付けてもらおうという考え方です。

歯石の除去ではPMTCも選択の余地はありますが、このPMTCは自由診療で健康保険証が原則として使用できません。
したがってまだこのやり方を選択出来る患者は限られると言えます。
健康保険適用の歯石の除去及び歯垢の除去で様子を見ていくという流れになります。

歯石の除去や歯垢の除去さらには定期的な歯周ポケットの深さを測ることでの歯周病のチェックなどを定期検診という形で対応するところが増えています。
かかりつけ医を決めて定期的に受診することで歯の健康を維持するのに役立ちます。
またこのときに歯磨き指導なども行われますしブラッシング指導なども行った上でフッ素の塗布などを行うところも多くあります。
一昔前の歯医者とはイメージがだいぶ変わり治療も行いますがむしろ予防歯科へと舵を切っている状況です。

大人も子供もこうした定期検診を受診していく中で歯科医師や歯科衛生士からのサポートを適切に受けられる時代です。
また気になることを率直に相談できるカウンセリングもありますし、歯科医療機関によっては定期検診の場所を個室にするなどしてプライバシーの配慮も行っています。
その分だけ自分の歯の健康について尋ねたり確認しやすくなっています。

歯医者の数はコンビニエンスストアよりも多いと言われ町のいたるところで目にすることが多いです。
そのため自分にあったところを選ぶことが容易になっていますのでかかりつけ医を決めておくことが望ましいと言えます。